ゲームをずっとやってたい中年オタクブログ

仕事で忙殺され気味の中年オタクがスマゲや懐古ゲ等をレビューしてます。共感してくれる人募集中。

【自己紹介】ブログはじめてみた

2019年になって「なんか新しいことやろー」と思い、書いてみた。

 

はじめまして。名前はm-zo(えむぞー)と申します。

社会人をそれなりにやってます。

 

好きなものは「ゲーム」「マンガ」「アニメ」

って、ただのオタクだった・・・。

しかも、最近のはわからない・・・。

あっ、あと「映画」も好き。MCUがメインだけど。

って、やっぱりオタクだったよ・・・。

 

まぁ、よしなに。

【おじさん指南】他者に自分と同じ轍は踏ませたくない

自分のブログを眺めながら出てきていた気持ち。

 

自分を知るために始めたブログだが

それなりに読んでくれてる人がいて

それなりに反応があって嬉しく感じている。

ありがとう本当に、ありがとう。

 

そして、ブログに「思ったこと」が増えているのを見ると

どうも私はブログを通して自分と同じ過ちをしてほしくない、

要は「指南」をしたくなっているようだ。

老婆心だからこそ説教にならないよう自分なりの「結論」を残したくもあるようだ。

なんとお節介極まりない。

 

でも、それは自分の考えを他者に押し付けるような形になるのではないか、

もしかしたら誰かに良くも悪くも影響を出してしまうかも、

気持ちや決意を揺らしてしまうかも、

端的に怒りを感じた人がぶつかってくるかもしれない。

 

それは考えることを止めてない人が、その人なりに動いてくれた結果なのだ、と。

それならば誠意をもって回答すべきだし、

誤っていり認識が違っていた場合は素直に「ごめんなさい」と言おう。

それが一番答えてると思うんだ。

 

ただし、マウントとりたいだけの人の場合はほおっておこう。

最近は敵を求めてる人が多いからねぇ・・・。

【思ったこと】お金で自分を見失うな

もりもり情報を集めながら。

 

あーでもないこーでもないとブログを見直し、手直し。

カテゴリもこうじゃないこうでもない。

落ち着いたら、情報を集めてまた再開する。

・・・終わらねぇな、これ。

 

そして、情報を集めれば集めるほど

私のブログ、役に立つもの?

立つものにしなきゃ収益にならん

なんか必要な情報を書かなきゃ

今までの文章消したほうがいい?

とドンドン価値を見出せなくなってくる。

 

でも、違う。

自分はこの瞬間の自分を残すために書いてるんだし、

それが大事なことと思って書き始めたんだろ、私。

 

収益化を目指した途端、手に入ってすらいないお金が目を曇らせてくるのは

本当に凄い。正に呪いのようだ。近寄っただけで景色が変わるとは。

だからこそ、冷静に「自分が何をしてるのか」を忘れないようにしたい。

 

そして、年の功で立ち戻れた私、偉いぞー。

と、ちょっとだけ自分を褒めておく。

【環境設定】続・ブログを見直す

色々調べる。

 

プロ化は週末にでもします。

ですが、そのまえにしなければいけないことがあります。

カテゴリの整理?それもだけど内容の精査です。

 

見直しているといくつか疑問点が出て

1.ゲームの画像載せてるよ?平気?

2.リンク切れてない?

3.タイトルが分かりづらいよ?結論が見えないよ?

4.文の量足りてる?そもそもその情報に価値ある?

といったところでしょうか。

 

1.ゲームの画像載せてるよ?平気?

アドセンスうかったよー、報告の日記を見てる限りは

度を越えてないと平気なようです。

ダメなら消すかな。

 

2.リンク切れてない?

 押して確認するしかないですねー。

ダメなら(以下ry

 

3.タイトルが分かりづらいよ?結論が見えないよ?

 たったの141個だ。

ダメ(以下r

 

4.文の量足りてる?そもそもその情報に価値ある?

 これがヤバい。消してなんとかできない。バヤい。

一個上とも若干被るので、ここはがんばるしかないんだけど。

妥協案としては下書きに戻す、があるけど

やっぱり「日に一個書いてる」に価値があるかも、と思っているので

この手段はとりたくないんですよね。

 

なので、解決方法としては「薄い」と言われたら

書き続けて濃くする、ですね。

さきは長いが焦らないようにしよう。

速度を上げると、こけた時にダメージ大きくて

立てなくなりそうだからねっ!

 

さて、カテゴリの整理しよう・・・。

【環境設定】ブログを見直す

アドセンスとやらに向けて動いてみる。

 

ブログを書き始めて結構経った。

ここで少し見直しをしてもええかな、と見直す。

 

■良いところ

・内容の濃さはともかく毎日書いてる。偉いぞ、私。

・過去は意外と話せる内容がなかった。が脊髄反射で現在のこと書いて繋げれてる

・ゲームはそれほどハマってなかったことがわかった

・物事を見て(「ネタ」にするため)

 結論や大事なことを意識するようになった、気がする

 

■悪いところ

・カテゴリが雑、その上使われてないのがほとんど。

・内容が思ったことばっかり。そもそもこの「思ったこと」がカッコ悪い

 もっというと薄っぺらい

・タイトルと内容の乖離

・寝ぼけて書いてオチが書けてない

 

まぁ、ほかにも「読み手を意識してない」とか

「てにおはが雑」とかあるけど、そこら辺はもうちょっと先の話かな。

 

見直していて思うのは出力していることで

自分の忘れてる日々の心情を残せているのは本当に大きい。

また、他のブログの読者にちょっとずつなってたりするので

そこで入る情報もまた新鮮。あんまり興味ない話とかも見えてる。

もうちょっと続けたいと思う。

(こういうこと書くと終わりが見えてる逆心理みたいだ。違うよね?)

 

さて、カテゴリの精査をしますか。

 

【映画レビュ】アベンジャーズ・エンドゲーム【★★★★★】

そろそろ書いても構いませんねっ!?

 

------------------------------------------------------

タイトル:アベンジャーズ/エンドゲーム

配給:マーベル・スタジオ

種別:ヒーロー映画

公開日:2019年4月26日(アメリカ・日本)

------------------------------------------------------

 

インフィニティウォーのラストから物語は開始される。

サノスの野望を止めれなかったヒーロー達はなんとか元に戻そうと必死。

サノスの居場所を特定するも、

その野望の原因(ドラゴンボールみたいなもん)を破壊した後だった。

残酷にも時間は止まらず生活が再開されるが、

とある出来事をきっかけに彼らは「まだ世界を戻せるんじゃないか」と動き始める。

 

あらすじなんか書けるかよぉ!MCU見てるならさっさと見に行ってよぉ!!

というくらい集大成。そして、それくらい全編ネタバレ。

ガーディアンズアントマンのおかげで他の映画の話まで出来る、

仲間同士の小競り合いもある、スピンオフのための伏線も大量。

話自体もMCUを全部見てる人ならあぁ・・・となるシーンが大量。

大量のキャラクタが全てどこかで生きていることに感動。

インフィニティウォーがショックすぎた人は涙腺崩壊、

MCUをしっかり全部見てきた人は涙腺崩壊、

私は同じ映画の中で3回も泣いたのは初めてだよ。

帰り道にしゃくりあげながら帰ったのなんて何十年ぶりだよ?

同じ時間くらいに見てた友人がいなかったら本当につらかった。

ありがとうマイフレンド。

 

あえて苦しい部分をあげるなら上映時間が3時間超えてます。

水分摂取は少し考える。コーヒーはダメ絶対(利尿作用有)。

 

期待を上回って余りある作品でした、MCUファンにとっては。

まだ見てない人はそろそろ映画館によっては空き始めてるだろうから

ぜひ映画館で見てほしい。

 

MCU関連を見たことない?公開終了まではまだ時間があるぞ。がんばれ。

たったの21作品だよ?ざっくり計算2日あれば見終わるよ??(やめーや

【思ったこと】作る、ということ

最近思ったことを書いておく。結構常識を知らなかった自分への戒め。

 

「作る」という行為の魅力感はスゴいもので

プログラマとかSEとかがパソコンでなんか作れるカッコいい職業に

見えてた(過去形)時代があった。

私自身はパソコンがおもちゃにしか見えてなかったので

おもちゃをずっと触ってられる仕事したい、というこの業界にいます。

 

ただ、仕事をしながら我に返ったとき

「私は作ってるのだろうか」と思ったことが多々。

仕様書を貰って過去の設計やツールの仕様を参考に設計書を書く。

設計書を見て既存のコードを修正する。

これって「作ってる」の?と実は結構モヤモヤしてて。

 

んで、全くそういう仕事を理解してない家族に話した。

すると「0→1が作る、と認識してると違うよね」と返ってきた。

なるほど。

つまり、世の中の「直す」は元があることが前提なのだ、と。

 

そこから「作る」仕事は主観と客観で大きく異なるのだということに気が付かされた。

仕様書からの設計書作成や設計書からのコード記述は主観だと変換している、

つまり「直している(に近い)」が

客観だと「作っている」に含まれている。

そこを私はゴチャゴチャに捉えていたのだ。

まったく齢40近くまでなってこんなことすら分かってないとは情けない・・・。

と、ションボリ気味な本日でした。

 

あっ、そういう意味では元あるものに手を入れる方が好きです。

理解して直してするのってなんかパズルみたいじゃありません?

【映画レビュ】シャザァアァァム!!【★★★★★】

先週は熱だったからね。やっと見れた。

世間の人はドクターストレンジだったようですけどね!!

 

------------------------------------------------------

タイトル:シャザム!

配給:ワーナー・ブラザース

種別:ヒーローコメディ映画

公開日:

2019年4月5日(アメリカ)

2019年4月19日(日本)

------------------------------------------------------

 

両親と離れて里親と暮らす主人公。

母に会いたくて色々やらかすたびに里親が変わる。

今回のおうちは大家族。

そんなある日、不思議な空間に入り込んでしまい、魔術師?に力を渡される。

 

最初は力を調べる(と称して遊んでる)んだけど

そのシーンが「俺やベー!?俺つえー!?」を体現した動き。

中学生の悪乗りまんま。BGMも超注目。

そして、そんななかヴィランが出ると、

相手をするための覚悟を持つようになる。

なんだ、素晴らしいヒーローになるための映画じゃないか。

 

あえて、難点を挙げるなら

深読みしだすといくつかのメッセージっぽいものが見える。

くじに当たった人から社会システムへの批判。

ちょっと説教が過ぎてるかな、とも。

 

まぁ、そんな点はあっちのほうにポイーッして、見てください。

特に笑いが足りない人、小中高生のときに馬鹿をやってた人、

意外と今を許せてない人等は見て本気で悩みだすと

監督の意見のようなものが見えてきます。

そしてそれ以上に映像美が楽しいです。是非。是非!

 

エンドロールまでが映画です。